そろそろ出社が増えてきた方も多いでしょうか?(うちの夫は6月50%リモートのはずが毎日出社してます。。。)
緊急事態宣言解除後2週間の6月13日という絶妙なタイミングで行ったこのイベント、起こった変化と未来に向けての行動を話せる機会になりました!

【”今”編 4月~6月どのように過ごしていた?】
・パートナーとの間に”チーム感”があった。これまで平日と休日で家事を分けていたが、リモートワークが始まってからは一緒に過ごしながら家事分担。
・子供に関する相談をすぐにできるのが良い。
・夫がリモートワーク時に、「あっちに行って」と言われるイライラ。
・妻がなにを求めて怒っているのかわからないが、一緒に過ごせたのは良かった。
・家事は分担を決めて書き出した方が良さそう(でも人のタイプにもよるらしい)
・コロナウイルスの影響で別居婚となった(旦那さんの会社が「学校に行っている家族」との同居リスクを認めないため、休校解除後は別部屋を借りている)

【”未来”編 どうありたい?そのための行動は?】
<仕事について>

(男性)プライベートとの両立を続けるため、夕方には帰宅しようと思うが、今までのようにメンバーフォローができなくなるのが不安

→自分の中で、仕事と家庭の配分を決めておき、その配分内でベストを尽くしては。
→周りのメンバーの自律につながったらよい。
”働き方”にこだわらず成果を求めるようにシフトしていきたい。
→離れていてもクオリティをしっかり担保。仕事相手に”働き方”にこだわらせない。
→リモートベースで、出社が必要があればにしたい。これまでの逆。
→コミュニケーションのとり方を密にする。もっと丁寧に、課題共有や成果報告。雑談の軽いコミュニケーションを補う場を設けるのもよいかも

 

<パートナーシップについて>

単純に向き合う時間が増えたのでこのペース嫌いじゃない。

→リモートなら今までより家事ができる、家族時間が充実することに気が付いた模様。話し合うのにいいタイミングかもしれない。
→家事、育児の当事者意識をシェアしたい。家の中の、空間、時間の区切りを変えることも考えたい。
メリハリを付けたい。「家族との時間」「仕事の時間」を明確に分けたい。妻が仕事をしたいのであれば優先したい。

<子供との向き合い方について>

子供のケアを考えても今の働き方を続けたい。今なら子供と向き合う事ができているが、元の働き方に戻ると、子供との時間が減る。

→日々の成長を大切に見守る。(予想外に長く一緒に過ごした時間の、幸せな気持ち・辛い気持ちもいい思い出になる。)
→妻が復職後は自分が子育てに時間をかけたい。
学校のオンライン学習が始まったことは画期的。自分のペースで学習できることは、自律的な学びにつながる
→「自由」と「自律」はセットだと思う。学校のもっと自由を。オンラインでの課題配布はつづけて欲しい。でも通学と併用では先生が負担かもしれない。
子供たちがITリテラシーを身につけられるようにサポートする意識が必要
→親も一緒に学び、楽しむ。自立できるようサポートできるといい

まとめ
皆さまお忙しい中、ご参加頂き有難うございました。
このシリーズは今後もShiftプロジェクトと並行して続けていきますので、宜しくお願いします!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です