先日、バケーション先で仕事をする「ワ―ケーション」のイベントを開催しました!

このイベントでは、ワ―ケーションを実践され、広める活動もされている児玉 真悠子(こだま まゆこ)さんをゲストスピーカーにお迎えし、ワ―ケーションとは?から始まり、真悠子さんの萩市、五島列島でのワ―ケーション体験、ワ―ケーション実現に向けたTipsについて色々お話しを聞かせていただきました。

真悠子さんのお話を聞いて、ワ―ケーションへのイメージがわき、参加された方からは実際にとりいれてみる!!という声もありました!!とてもわくわくする時間となりました。


〈スピーカー真悠子さんより〉

・ワ―ケーションでは何を重視するのか(子ども中心?大人中心?地元の交流メイン?自然メイン?)によってプランニングの仕方が変わってくる。

・現段階では、ワ―ケーションのパッケージツアーはないので、自分でアレンジしていくことになる。プランニングする際には、宿から、地域から、体験入学からという視点で考えていくことができる。

・ワ―ケーションはお金がかかるイメージがあるが、宿代を抑えたり、自炊をしたりと工夫することで費用をおさえることは可能。

・五島列島でのワ―ケーションでは、子どもを地元の小学校に体験入学させて、現地の友達ができたり、文化が知れたり、とても良い経験になった。

・ワ―ケーションは、受け入れる側行く側もメリットあり。受け入れる側は、旅行者に来てもらうことで、今まで当たり前だったものがそうではなく、価値のあるものだったと気づくことができる。

・行く側も、サードプレイスができ、いつもと違う場所で仕事をすることで刺激を得ることができる。

・他にも混む時期を避けてバケーション先に行けるのも良い点。それにより滞在費が抑えられて、その分長く滞在できることも。


〈参加者より〉

・実際に体験された方の話を聞けて、ワ―ケーションを身近に感じることができました。まずは、帰省する際の休みの前後を使って、地元でのリモートワークをしてみようと思います。

・ワ―ケーションハウスの運営を考えていたので、金額面等体験談を聞けて運営のヒントをもらえました。

・地元の方との交流や子どもの体験留学ぜひしたい。

※資料を共有可とのことでしたので、シェアします。真悠子さんありがとうございます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です